【欅坂46】ドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』新予告編(新公開日9/4(金)決定!)

欅坂46の初めてのドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』(監督:高橋栄樹)が、9月4日(金)がついに公開!

新公開日9/4(金)決定!『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』新予告編/公式

2015年8月に結成され、翌年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。
強烈なメッセージ性が込められた歌詞の世界観を、独創的なクリエイティビティと圧倒的なパフォーマンスで表現して、瞬く間に日本中を熱狂させた。
昨年9月に初の東京ドーム公演2daysを成功させて迎えた2020年。
絶対的なセンターだった平手友梨奈が突然の脱退――。
5年目へ突入したグループはこの後どうなっていくのか?多くの人がその動向を見守る中、7月16日に開催された配信ライブ『KEYAKIZAKA 46 Live Online, but with YOU!』で“ひとつの決断”を下した。

「欅坂46は5年間の歴史に幕を閉じます」

この激動のなか、そのすべてを収めたドキュメンタリー映画がついに公開する。
監督は映画『DOCUMENTARY of AKB48Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』『パンドラザ・イエロー・モンキーPUNCH DRUNKARDTOUR THE MOVIE』や乃木坂46『おいでシャンプー』『いつかできるから今日できる』MVなど珠玉の映像作品を手掛けてきた高橋栄樹。
欅坂46と真正面から向き合い、今まで映像化されてこなかった数々のライブパフォーマンスを再編集し、多くのメンバーやスタッフの証言を積み重ねていく。
さらに、本映画の公開が延期された4月以降の活動も追加撮影を続け、グループの最新状況を映し取っている。
射抜くような目つき。
躍動する身体。
控えめな仕草。
一筋の涙。
喜びと苦しみ。
“伝えること”に対してストイックなまでに追求してきた彼らたちは、いったいこの5年間何と戦っていたのだろうか。
これは、アイドルという枠には収まらない“表現者”たちの伝記映画であり、純粋でエモーショナルな音楽映画である。
美しい映像と迫力のある音楽、そして予定調和をことごとく崩していく彼らたちの物語を最後まで見届けてほしい。

【作品名】 『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』
【監督】 高橋栄樹
【出演】欅坂46
【配給】 東宝映像事業部
【公開日】 2020年 9月 4 日(金)
http://2020-keyakizaka.jp

公式twitter:映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』
https://twitter.com/K_Movie2020

高橋栄樹監督のコメント各報道記事多数に掲載。

高橋栄樹監督 コメント

欅坂46が、いわゆる一般的なアイドル像には、当てはまらないグループだったので、この映画も、今までのアイドルドキュメンタリーとは違うものに、ならざるを得ませんでした。それが良かったのか、そうではないのかは、ご覧いただいた皆様に、お決めいただくしかないと思っています。ご批判がありましたら監督に、賞賛はメンバーの皆様に、お願いできればと思います。

 

8月10日 朝の情報番組

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。